大学生や高校生がアルバイトの勤務時間こそ重視すべき理由

時間

大学生や高校生がアルバイトを選ぶとき何を一番重視すべきでしょうか。

そもそも高校生はそんなに選ぶ余地はありませんが、同級生で朝清掃のバイトをしてから学校に来ているという人がいましたが、これこそいつ働くかを第一に考えた結果ですよね。その結果部活も出来るし放火後も自由という価値を得られるわけです。

それをさらに発展させれば大学生にとってもアルバイトの勤務時間というのはとても重要です。

アルバイトの勤務時間がどれだけ大事かについてみていきましょう。

わがままワーカー@自由シフト
わがままワーカー@自由シフト

時は金なり!

大学生にとっては自由に使える時間をどう使うかが問題

大学生は自由に使える時間が多いです。その一方、自由に使える時間の中にもあまり使い物にならなかったり、やることがなくて暇な時間もあります。本当に大事にすべき時間を浪費せずに放っておいては無駄な時間を有効活用してバイトすべきなんですね。

例えば夏休みは有意義に過ごしたいという場合もあるでしょう。夏休みは学校の講義もないですしまとまった時間が取れるのでその時しかできないことができます。一人旅、まとまった本を読む。色々あるでしょう。遊びたければ遊ぶのもいいです。(大学生の頃を振り返り大学時代どう過ごすべきかを考える

つまり時間の使い方こそが大事なんですね。だから勤務時間をどうするかが一番大事なんです。

講義と講義の合間を有効活用

大学時代一番無駄な時間は講義と講義の間ですね。この講義と講義の合間が1コマならどうしようもないですけど3コマならかなり無駄だし有効活用すべきですね。ここにバイトを入れるのがおすすめです。そうすれば夏休みは働かないなどの自由が得られますよ。

夏休みなどの長期休暇を活用

逆に長期休暇に働いて普段の時間を有効活用するという手もあります。なににせよ集中してとれる時間ができるだけ長い方がいいですね。本を読んだり遊んだり。夏休みのまとまった時間をバイトに使うならリゾートバイトもおすすめです。空いた時間を使って旅行気分にもひたら得ますし貯金もたまるし一石二鳥ですね。リゾートバイトを探すときはこちらのサイトがおすすめです。

 

時間を有効活用するシフトや勤務時間の選び方

ここまで読んで時間を有効活用するにはシフトや勤務時間が重要だとわかりましたね。そのためには自由なシフトを選べたり単発で入れたりすることが重要です。または逆に長期休暇を有効に使えるような働き方ですよね。空いた時間を有効かつよするには次のようなやり方があります。

  • シフトが自由なバイトを選ぶ
  • 単発で入れる登録制やスポットバイトを選ぶ
  • 自宅勤務ができる在宅アルバイトを選ぶ

これ以外にもそもそもバイトじゃなくて副業をするという手もあります。

シフトが自由なバイトを選ぶ

もともとシフトが自由に選べるバイトにするのも手ですね。自由と言いつつ意外と制約が多かったりとなかなかうまくいきませんが、できるだけシフトが自由なバイトを選んで変則的に働らけるほうが講義と講義のすきまの空き時間を活用することにもなるでしょう。

単発で入れる登録制やスポットバイトを選ぶ

来週の講義がなくなることがわかる場合がありますよね。それでその日は暇になったとします。そういう時は登録制のバイトなどをやっておくと仕事を入れることができます。その日急に暇になったという場合でも働けなくはないです。数日先なら十分バイトを入れることができるので登録制バイトに登録しておきましょう。

自宅勤務ができる在宅アルバイトを選ぶ

講義が急になくなったりした場合でも家に帰ってバイトができれば時間を無駄にせずに済みますよね。この場合副業でもいいです。在宅でもお金を稼げる体制を整えておきましょう。これからの時代この「在宅ワーク」を重視することがとても大事ですね。就職しなくてすむほど稼げる可能性もあります。

このように空いた時間を柔軟に有効活用できる体制を整えておくことが重要なんです。少々面倒でも登録などして見てくださいね。高校生は朝働くか、休みに働くか部活後に働くか、または部活をやらないでバイトをするかなどが選択肢になってきます。一番大事なのは学校生活を有効活用することですからそれを和すらないようにしてください。

こちらの記事もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です