リゾートバイトは派遣会社を使った方が良い理由-直接応募との違い

リゾートバイトには複数の応募方法があります。

それは、直接応募する方法。派遣会社を通す方法です。

昔は直接応募することのほうが多かったようですが最近では派遣会社を通す方法が一般的に鳴ってきました。それもここ数年の話だと思います。

昔はリゾートバイトといえば、地方の旅館に直接電話して雇ってもらうなどが一般的でした。

それだけに「リゾートバイト(洒落怖)」なんて恐ろしい話もあります。そしてまた「旅館の求人(洒落怖 笑)」なんて話もあります。

こんな話は直接雇用だからある話なのです…。って実際あったかどうかわかりませんが笑

こういったオカルト話以外でもリゾートバイトでは寮が馬小屋並だった、とか奴隷のように扱われた、なんて話が時々あったりします。そういった悪質リゾートバイトを避けるにはどうすればいいのか。これもこの記事で考えるところであります。

リゾートバイトのリスク(主に雇用形態について)

仕事探しにはリスクがあります。

例えばサラリーマンでもブラック企業がどうとかよくありますよね?

ブラック企業とはなにか。それは労働基準法とかを全く無視した業務を課す(賃金を払わない)企業です。こういった企業は入ってみないとわからないことが多々ある。

転職ではブラック企業も外面的には一定の体裁を整えているため入ってみないとわからない部分は大きいです。しかしリゾートバイトでは社員と違い非正規雇用なので、雇用主側から見ても評判が悪いと人が集まりづらくなるしすぐに辞めてしまうというデメリットがあります。

さらに派遣の場合労働派遣法が定められており、派遣労働者は弱い立場のため比較的厳しく運用され保護されているわけです。

おすすめリゾートバイト調査員@自由奔放わがままワーカー

ぶっちゃけサラリーマン一番保護されてないと思います。ブラック企業の実態は悲惨ですよ笑

労働派遣法についてはこちらを確認して下さい。(労働派遣法

しかし直接雇用の場合、労働派遣法とは関係ありませんのでかなりやばい勤務状況でも放置されている可能性があるわけです。これがリゾートバイトのリスクの一つです。

特に田舎は法律なんて曖昧ですし、中のことは隠そうとする傾向がありますのでやばい労働環境のところはかなりやばい可能性があります。そんなところに当たらないためにもちゃんとした派遣会社を通したほうがいいわけですね。

リスクヘッジとしての派遣会社の存在意義

こういったリスクが有ることから、万が一ふざけた会社だったり酷い扱いをする会社だった場合派遣会社に責任を追求することが出来、それがリスクヘッジになるわけです。

リゾートバイトの派遣会社も質の悪い派遣先をそのままにすると「このリゾートバイトの派遣会社でひどい目に会った」、「ブラックリゾバに送り込むひどい派遣会社」などとそのまま自社の評判になってしまうため一定の質を確保するようになるわけです。

リゾートバイトにおける派遣会社の利便性

リゾートバイトには本来面倒な手続きや準備がたくさんあります。

リゾートバイトの勤め先はたいてい田舎なので本来ならどうやってその場所に行くか、その費用などいろいろ調べなければなりません。例えば航空券を取らなければいけない、空港からの経路は、時間は…など。しかし派遣会社を通すことによりそういった面倒な手続きはなくなり、当日言われたとおり行けばいい、交通費も払ってもらえるという状態になるわけです。

派遣会社を通せば、現地への行き方、持ち物、準備したほうがいいもの、向こうでの生活に必要なもの、心構えなどを教えてくれるので利便性が相当上がります。

コスト面・条件面の優位性

リゾートバイトでは水道光熱費、寮費、食費などが無料の所も多いです。

特にリゾートバイトの派遣会社を通した場合、これらが無料になる場合が多いです。

しかし寮費や水道光熱費はともかく、食事(まかない)がどれくらいでるかははっきりしていないところもあります。

ここで直接雇用の場合あいまいだったり条件をひっくり返されてごまかされてリして泣き寝入り、なんてことになりかねませんが、派遣会社を通した場合これらの条件はちゃんと第三者として確認してもらう事ができます。

あらかじめ食事もタダ、全部タダ、生活コストはかからないとわかって応募できるわけです。

本来なら月6,7万円の家賃、1万円の水道光熱費、3万円の食費などがかかるわけですからこれだけでも計10万円から11万円が浮き、その分貯金ができることになります。これは稼ぐのと同じことですから条件をはっきりさせて働けるメリットは非常に大きいです。

リゾートバイトの選択肢

リゾートバイトは直接雇用なおしゃれなこのお店が募集してた。働いてみたいというようなこともありえます。

しかしそのような場合リゾートバイトの派遣会社で探しても見つからないということはありえます。

つまりリゾートバイトの派遣会社を通す場合、しの派遣会社が扱っている職場しか申し込み出来ないというデメリットがあります。

当然、直接雇用でしか募集していないリゾートバイト先には応募できないわけです。

それでもそういった職場では働けませんが、複数の派遣会社に登録しておくことによってより希望に近い職場を見つけることが出来る可能性は高くなります。

おすすめリゾートバイト調査員@自由奔放わがままワーカー

このようにリゾートバイトでの手間を省いたりリスクを低減させるためには派遣会社を通すことがおすすめなのです。選択肢を広げたければいくつかの派遣会社に登録しておきましょう。それでは良いリゾートバイトを見つけて下さい。

おすすめはこちら