日雇い単発バイトおすすめ求人情報サイトランキングTOP3

働きたい時にすぐ働ける、入りたい時すぐ入れるのが魅力、それが日雇いアルバイトです。

日雇いアルバイトの探し方はいくつかあってすぐに入れる日雇いアルバイトを直接募集している求人がまずあります。それ以外にも登録制のアルバイトで応募する事も出来ます。

日雇いのアルバイトで働くのはどのサイトがいいのでしょうか。またどんな仕事をするのがおすすめなのか。過去に登録制で日雇いアルバイトをしていたわがままワーカー@自由シフトこと私が独断と偏見で書いてみたいと思います。

日雇いバイトとは?

日雇いバイトは数日や数週間、数カ月働くバイトではなく一日だけ働くバイトです。日払いとの違いは日雇いバイトでは即日払いされるわけではないということ。

仕事内容としては誰でも出来るものが多く簡単ですが肉体的にきついものが多いです。

日雇いバイトへの応募

日雇いバイトに応募するには基本的には求人情報サイトから行います。中には知人に頼まれたり個人が募集しているバイトに応募することもあるでしょう。

これからバイトを探す方はネットで探せば大丈夫です。紙面で探して電話したりする方法もありますが検索性も低いですし面倒だと思います。

日雇いバイトの面接

基本的に日雇いバイトは面接はありません。そもそも1日毎に現場が変わるのにいちいち面接などしていられるはずがありません。ただし事務などの特殊な日雇いバイトの場合一応面接がある場合があるようです。

日雇いバイトの給料(バイト代)の支払い

日雇いバイトは日払いとは限らないのでその日にお金がもらえるとは限りません。その場合登録先などにより数日締めとか1ヶ月締めとかでまとめて給料が支払われることになります。日払いの場合は当日払い(即金払い)を条件に探すようにしましょう。その日すぐお金がもらえるアルバイトに関してはこちらの記事を確認してください。

 

単発バイトとは?

単発バイトも日雇いバイトと似たような意味で使われています。短期バイトは1ヶ月程度の比較的長めのものを指すのに対し、単発バイトは1日から数日程度の短いものを指す場合が多いです。

日雇いアルバイトはどんな人におすすめか

日雇いアルバイトに向いている人は不定期の予定があって固定のアルバイトに入れない人、Wワーカーで固定の仕事があって空いた時間に稼ぎたい人。自由なシフトで働きたい人などです。

入る回数が少なめの場合はその日に応募しているアルバイトに行くのもいいでしょう。Wワーカーの人は予めある程度入るタイミングや回数がわかっているなら登録制バイトに登録しておくのがいいと思います。自由なシフトで働きたい人は日雇い、登録制のアルバイトに限らずシフトが自由で提出制のところで働くのも手ですね。大体2週間ごとにシフト提出すればいいところもあります。

日雇いアルバイトのメリット・デメリット

日雇いはデメリットもあります。それは毎回職場の人が違うということ。同じ現場に何回も行けば顔見知りの人もできるかもしれませんが新しい現場でもいつも違う人です。そのため毎回その現場の人に慣れる必要もあります。これは人見知りの人にとってデメリットなのかむしろメリットなのか微妙ですね。

日雇いアルバイトは人間関係が最小限で済む

日雇いアルバイトは毎回違う人と一緒に働くので人間関係を構築しないですみます。これは個人的には楽だと思いました。バイトで嫌な人間がいると行くのが嫌になりますし、あいつとの関係どうしようかなあなどと考えるのも面倒です。固定のアルバイトだとこれがありますが日雇いアルバイトなら特定の人間と付き合わずに済むというのも魅力の一つですよね。

日雇いアルバイトは毎回顔なじみのいない場所で働かなければならない

逆に人間関係を構築しないですむということは毎回人間関係がない場所で働くのと同じです。つまり毎回新しく人間関係を始めなければならないということ。深い人間関係は必要ない分、人見知りの人にとってはストレスかもしれませんね。

この深い人間関係を構築せずに済むというのと、浅い人間関係を毎回構築しなければならないというのがメリットになるかデメリットになるかは人次第だと思います。

登録制では人気のアルバイトは予約で埋まってしまう

昔よくあったんですが人気のアルバイトは常連の人で予約がすぐ埋まってしまいます。それでたまにしか入らない私などは予約出来ないんですよね笑

つまりタイミングよく予約が出来ない人はきついバイトばかりやることになります。

選べないという意味ではサイトで募集しているその日に入れるバイト。これもほぼ選択肢がない状態です。逆に言えば人気がなくて人が集まらなかった現場が募集していると考えられるかもしれません。

したがって出来れば登録制バイトに複数登録してできるだけ楽なアルバイトに優先して入るようにするのが賢いやり方です。

日雇い単発バイトは大手サイトで探すのもおすすめ

日雇いや短期バイトは専門のサイトもありますが、

フロムエーナビ

タウンワーク

などの大手サイトで応募するのもおすすめです。

なんだかんだ大手のほうが求人が多いのは否めません。

祝金がもらえる

マッハバイト

では日雇い単発バイト系はそんなに多くないので大手も使って検索数rのがいいでしょう。

 

日雇いでおすすめのアルバイト

日雇いのアルバイトをどういう基準で選ぶかは人それぞれですが、一般的にはできるだけ楽で時給が高いアルバイトの方が良いに決まっていますよね。ここでは大学生が経験のためにするアルバイトなどは考慮しないことにします。

イベント系のアルバイト

イベントと言っても色々会ってイベント会場の設営の仕事だったり、当日のイベント運営の仕事などもあります。警備員の仕事もありますね。警備員の場合また別の仕事なのかもしれませんが。

イベントの運営は現場にもよると思いますが楽だと言われています。イベント運営では突っ立っているだけでその日の仕事が終わってしまったなどということもあるようです。

イベント会場の設営の仕事は体力仕事です。体力仕事が苦手な人にはつらいですがある程度体力がある人にはなかなかおすすめできる職場です。広い会場で働くので人間関係がぎすぎすしづらい気がしますね。終わった後結構疲れますが爽快な気分も味わえます。個人的にはイベントの設営がおすすめですね。

ティッシュ配り

ティッシュ配りは町中で人に見られることとほとんど受け取ってもらえないということが精神的苦痛にならない方にはおすすめです。

だってやることはティッシュ配るだけですよ笑

わがままワーカー@自由シフト
わがままワーカー@自由シフト

仕事自体はくっそ楽です。

わがままワーカー@短期掛け持ち
わがままワーカー@短期掛け持ち

受け取ってもらえなくても気にしなければ別に平気。ようは慣れだね。仕事自体は超単純だからホント楽ですよ。

受けっ取ってもらえなくても全然気にしない人にはめちゃくちゃ楽なバイトじゃないですかね。

日雇いで入れるものあったりします。

施設の資材搬入

重いものなど機材や資材を施設などに搬入するお仕事です。日雇で行くと何をやっているのかさっぱりわかりませんが社員が指示する形で仕事が進みます。その会社次第では横柄な社員がいたりして不快な現場もありましたがそうでない場合も多いです。運次第ですね。

日雇いのバイトはうざい現場、きつい現場には次第に常連が入らなくなるのでうざいと思ったら二度と行かなければいいでしょう。仕事自体は楽でもないですがうざい人がいなければ気も使わなくて済むシンプルな仕事です。

配送補助(自販機の補充など)

自販機のドリンクの補充などのお仕事。実はこの配送補助のバイト。めっちゃ楽です。なぜなら仕事時間のほとんどは車に乗っているだけだから笑

何もしないで荷物の積み下ろしを時々するだけなので実労働時間はめっちゃ少ないです。

時給も1,000円以上はざらと高待遇です。穴場のバイトかもしれませんね。

たまに嫌なドライバーの人とあたると一日苦痛ですがそうじゃなければ基本楽ですよ。一日からの求人募集もあります。

フロム・エー ナビ「ドライバー助手・配送補助」

タウンワーク「配送補助・配送助手」

陳列・棚替え・棚卸しなど小売業

もと小売業経験者から言わせると、陳列や棚替えの仕事は社員はきついですがアルバイトは結構楽です。それとは別に棚卸しなどもありますがこれも社員はきついですがアルバイトは楽です笑

社員にとってきついこの作業ですが何故きついかと言うと終わらないと帰れないから。棚替えというのは店舗内のレイアウトを変えることなので途中ではやめられないんですね。時々小売店で棚卸しをしているのも見ると思いますがあれも途中では終われません。

つまり社員にとってはエンドレスなんですね。27時間労働したことあります笑

社員にとってはエンドレスですがアルバイトにとっては普通の仕事です。

そんな最悪な棚替え、棚卸しですがやることは単純です。棚替えは言葉通り小売店の棚の陳列を広範囲でまるごと変更する作業です。小売店なので家電でもなければそこまで重いことはなく並べるだけなので簡単ですよね。また棚卸しは退屈な作業ですが商品をカウントするだけの仕事です。

 

それではこれらの仕事を見つけるのに最適なサイトをランキングにしてお知らせいたします。

日雇いバイトおすすめサイトランキング1位:タウンワーク

タウンワークは日雇いの募集も多いです。

なんだかんだ大手サイトの情報が豊富なのでまずは

タウンワーク

 をチェックしておきましょう。

日雇いバイトおすすめサイトランキング2位:フロム・エーナビ

フロムエーナビも日雇い単発バイトの情報は多いです。

変わったバイトバ見つかることもあるのでチェックしておきましょう。

日雇いバイトおすすめサイトランキング3位:はたらこねっと

 

はたらこねっとの単発ではたらこも1日からの日雇い単発バイトが多いです。10日未満(ほとんどは1日のみ)のしごとが数百件あるのでたくさんの選択肢の中から選ぶことが出来ます。

基本的に登録制のバイト自由にシフトを出せる派遣系のものが多いようです。

数は多いので見つかりやすいと思います。

 

日雇いバイトおすすめサイトランキング4位:マッハバイト

 

アルバイトに募集するなら一番おすすめなのがこのマッハバイトです。マッハバイトは祝い金が1万円もらえるので他のサイトより確実にお得ですよ。マッハバイトの場合完全な日雇いというよりは週1日で2時間からOKというような案件が多いのでWワークである程度固定したい方に向いています。

登録制のバイトもあってここから登録すると祝い金だけでなく企業から電子マネー5,000円分をもらえたりするお得なサイトです。

登録制はまずここから登録していきましょう。1万円稼ぐのも楽じゃないですからね。ここで1万円もらったほうがいいに決まっています。

 

 

 

3分で終了!マッハバイトの申込みはこんなに簡単

[affi id=3]の応募は簡単で直ぐに終了!まずは応募してみよう。

マッハバイトの申込みはすごく簡単です。まずはお気に入りの求人を見つけます。
求人が見つかったらマッハボーナスを確認して「応募はこちら」をクリック。

求人詳細ページから応募する(所要数秒)

マッハバイト応募画面

このときマッハボーナス=祝い金ですから確認しておきましょう。[affi id=3]では最後の画面まできっちりマッハボーナスが記載されているので安心して申し込めます。

必要事項を入力する(所要2,3分)⇒電話をもらう

マッハバイト必要事項の入力

 

(企業名はぼかしてあります。さきほどと別の企業です。)

氏名、性別、生年月日、電話番号、現在の職業、メールアドレスを入力すれば完了です。入力が終わったら完了して次へを押すと、電話をすぐもらうか、後でもらうかの選択画面が出ます。いますぐ電話をもらいたい方はすぐにを選び、後でを選ぶ場合は日時を入力しましょう。

応募完了

以上で応募完了です。

マッハバイト申し込み完了

マッハボーナスは求人ごとに定められている額がここでも表示されます。はじめに載せた応募画面とは違う求人なのではじめに載せた求人なら1万円と表示されますね。この画面をスクリーンショットととして取っておきましょう。パスワードを覚えるのも面倒だし証拠にもなるからです。スクリーンショットはこのページを開いたままAlt+PrintScreenをキーボードで押すとできます。

上に書いてあるように名前と希望店舗を伝える、面接の日程を聞くのが電話を受けてからすることです。

 

簡単ですね![affi id=3]なら採用されればマッハボーナスが出るので応募にも積極的になれます。アルバイトの求人情報はすぐに締め切られてしまうものが多いです。希望する求人数に達してしまえばもうそこには応募できません。どれくらい人気があるか不明ですがアルバイトの応募は早いもの勝ち要素が強いです。これがいいと思い、面接に行きたいレベルであればすぐに応募して面接日程を確定さましょう。

 

その際複数のアルバイトを応募しておくのがおすすめです。そうすれば落ちてもすぐに他のバイトの面接に行けます。一つのアルバイトに落ちてから次の面接をまた選ぼうとするとまた検索から始めることになり非効率です。時間もかかってしまいますしね。数件受けて受かったら他を断って下さい。みんなそうしてますよ。

複数のアルバイトをピックアップして3件くらいは応募しておきましょう。

入力画面は一度入力すると自動入力されると思いますがされなくてもコピペできるようにメモ帳とか貼っておくと便利です。

それでは良いバイトが見つかることをお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です