コロナ騒動でわかったアルバイトのありがたさ

arbeit

どうも!お久しぶりです。

このサイトは時々コメントしてくれる方がいてありがたいです。

単にけなすようなコメントもあり、返事をしてもいいんですが、めんどくさいので削除する場合もあります。コメントが来ていたのはヤマトのバイトの記事なのですが、今のような経済状況では仕事を選んではいられないなというのもありますね。

仕事を選ばず頑張ってほしい

こうした時期においてブラックな仕事でもないよりはましだと強く思いますね。

飲食店は崩壊の危機にさらされていますが飲食店を閉店せざるをえなかった方もアルバイトでなんとかしのいで頑張ってほしいですね。

アルバイトというセーフティーネットがある日本はまだましな方

もしこの日本でアルバイトがなくなってしまったらどうなってしまうでしょう。

そうなってしまえば生活保護も受けられずに餓死したりする人が増えてしまうのではないでしょうか。この経済の崩壊の原因の一つは外国人を締め出していることですが、それにより外国人労働者が逆にいなくなり仕事がなくなった日本人がアルバイトとして働きやすくなった気もします。

例えば近所の牛丼屋さなんなどはベトナム人みたいな人が働いていましたがいつのまにか日本人が中心になっていますね。

このように意外と悪いことがあれば良いことも起きるというように意外とすべてが崩壊したりしないようにこの世界はできているのでしょうか。

このコロナ騒動はかなりの人が失業しているに違いなく、アルバイトをせざるを得ない立場の人も増えているでしょうけど頑張ってほしいと思いますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です